セミナー案内

小規模事業者持続化補助金の活用ポイント公開セミナー

今やっている事業を地道に販路開拓を行うこと、 それと併せて行う業務効率化の取り組みに対して、最大100万円の補助金を受け取ることができます。

(補助対象経費例)******************************

ウェブサイト作成・チラシ・DM・カタログの外注や発送 新聞・ネット広告・看板作成・展示会出展費・機械装置の購入費 等

***************************************

■小規模事業者持続化補助金<一般型>  

直近の受付締切⇒6月4日(金)

■小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>  

直近の受付締切⇒7月7日(水)

日本に382万ある企業の85.1%が小規模事業者であり、 皆様の顧問先の多くで活用いただける話題の補助金となっています。

本補助金は設備投資・販売促進費として活用できる補助金となっており、 コロナ禍の影響より苦労されている小規模事業者を支援できる制度として、 大きな注目を集めております。

支援をされる会計事務所目線では、その他補助金と比較をして 事業計画書のボリュームは少ないことから、手間なく効率よくサポートに入ることができます。

また本補助金の支援を通じて、顧問先への顧客満足の向上・アップセル。

新規拡大につなげるサービスとして多くの会計事務所が着手しております。

小規模事業者持続化補助金の申請書作成のポイントや他の会計事務所の活用事例をご案内いたします!

特にいま中小企業支援において活用いただきたい補助金になっておりますので ぜひご視聴ください!

■小規模事業者持続化補助金のポイント解説

■効率的に補助金支援を実現するために必要なこと

■一般型と低感染リスク型ビジネス枠の違いについて

■会計事務所が顧問先へサポートされる際のポイント解説

2021年6月2日(水)

【各時間同じ内容になります】

①10時00分~11時00分 

②13時00分~14時00分

③17時00分~18時00分

※参加時間をご選択の上、お申込みをお願いいたします

※参加費無料

※事前エントリーが必要です

創業支援・資金調達支援を強化していきたい方

□補助金支援に関心ある方

□税務とは違う切り口で新規拡大を考えている方

□中小企業へ付加価値提供をしていきたい方